クリニックブログ

梅森台レオ整形外科・ヒフ科
クリニックブログです

ドクターズファイルに載りました

カテゴリ:

投稿日時:2018年12月21日

こんにちは🍀

名古屋市天白区、名東区、日進市の境目にある、整形外科、リハビリ科、リウマチ科、皮膚科、美容皮膚科クリニック、梅森台レオ整形外科・ヒフ科 副院長の大口亮子です。

 

当院の院長と私のインタビュー記事が、ドクターズファイルという医師を紹介するサイトに載りました❕

ぜひ読んでみてください✨

【公開URL:http://doctorsfile.jp/h/189263/df/1】

 

ざっくばらんに話をしていたことも、記者の方がとても上手にまとめてくださっています。

 

医者になったきっかけや、なぜ皮膚科を選んだか、など

最近はほとんど思い返すことがありませんでしたが、インタビューを受けて初心にかえることができました

 

私は、医者になって2~3年目のときに、形成外科で研修を半年させていただきました。

たった半年でしたが、研修先では、

切断指のマイクロ手術や、熱傷植皮顔面骨折多指症手術など、多数の手術の助手を経験させていただきました。

どれも貴重な素晴らしい体験でした。

 

皮膚科医でももちろん手術が上手な先生はいますが、

形成外科医の先生方は手術創のデザインが素晴らしく、機能性はもちろん、本当に綺麗にデザインをしてくれます。

デザインがすべてといってもいいくらい、時間をかけてデザインされます。

 

当院でも、良性皮膚腫瘍の小手術に対応していますが、

良性であっても、腫瘍の大きさや年齢や部位などを考慮し、形成外科でやったほうがいいと判断した患者さまには、

そのように説明・紹介させてもらっています。

 

皮膚科医として、腫瘍への第一アプローチは、良性か悪性かの見極めをする検査にあります。

これってほっといて大丈夫かな?」そう思うものがあれば、お気軽にご相談ください

(悪性と判断した場合は、手術方法やCT検査や術後のフォローアップが必要となってくるため、連携している大学病院などへご紹介させていただきます。)

 

これからも、皮膚科医として、正しい医療を提供してまいりたいと思いますので、

よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

ページ先頭へ

インスタグラム お得な情報を写真つきで配信しておりますのでぜひご覧ください。