クリニックブログ

梅森台レオ整形外科・ヒフ科
クリニックブログです

コロナウイルス対策

投稿日時:2020年03月30日

こんにちは

名古屋市天白区、名東区、日進市の境目にある、整形外科、リハビリ科、リウマチ科、皮膚科、美容皮膚科クリニック、梅森台レオ整形外科・ヒフ科の院長の大口怜央です。

国内はもちろん、世界中で新型コロナウイルスが蔓延しております。8割は軽症でとどまり無症候例も多く、有効な治療法がないとなるともはや予防に全力を注ぐしかありません。

当院では感染予防対策として全職員のマスク着用、処置ごとの手洗い、消毒、院内の患者様の手の触れるところに対する頻回のアルコール清拭を実施しております。

また当院ではクリニック入口にアルコール消毒液を設置しています。来院患者様にはご自由に使用していただき、ウイルス対策をしていただいております。

DSC_1389

 

またクリニック内にはCreCla社製の次亜塩素酸噴霧器である「Ziaco」を3台設置しています。これは次亜塩素酸の酸化作用により空気中の菌、ウイルス、花粉の除去に強い効果を発揮します。もちろん肌に触れても問題なく、人体に悪い影響を与えることもありません。現在は同社への注文が殺到しており、新規注文受付は停止しているようです。

DSC_1386

 

桜が咲き始め、学校ではもうすぐ新学期が始まり、春の到来と新しい生活に心が躍る時期なのに日本中が大変な状況になってしまっていますが、みんなで力を合わせてこの苦境を乗り切りましょう! 新型コロナウイルスの蔓延が早く治まり、また安心して生活ができる日々が戻ってくることを願ってやみません。

敏感肌とは?

カテゴリ: 美容皮膚科 皮膚科

投稿日時:2020年02月27日

こんにちは!
名古屋市天白区、名東区、日進市の境目にある、整形外科、リハビリ科、リウマチ科、皮膚科、美容皮膚科クリニック、
梅森台レオ整形外科・ヒフ科 副院長の大口亮子です

 

コロナウイルスに戦々恐々としている近頃・・・

高齢者やからだの弱い方や、若くても受験生などにとっては、とくに不安ですよね。

早く治療法が確立され、このウイルスが世界中から根絶してほしいと心から願っています。

 

さて、皮膚科には、この季節、マスクを長時間つけることによる肌荒れやニキビの悪化、

花粉症による肌荒れを起こすかたもたくさんいらっしゃいます。

 

よく「敏感肌」という言葉を聞くと思いますが、明確な定義があるわけではありません。

広くいえば、バリア機能が低下して、化粧品などのいろいろな成分に過敏に反応してしまいやすい状態、と捉えていいでしょう。

 

普段、健康な肌のひとも、生理前後には敏感になって、普段使っているものも合わなくなったり、

ストレスや、乾燥・花粉などの環境的な要因でも、敏感肌になることがあります。

 

私も普段は、とくに敏感肌ではないのですが、

基礎化粧品の化粧水・クリームや、日焼け止め、ファンデーションなど、長時間肌についている状態のものは、

成分を見て選んでいます。

 

先日、美容雑誌でみかけて使ってみたいと思った、某メーカーの春の新作の化粧下地のサンプルをデパートで入手し、

1日使ってみたら、その晩クレンジングのあとに顔全体が赤くなり、額にぶつぶつとコメド(ニキビの初期)ができておりました・・・・

残念ながら断念しました。。

ロコイドクリームをぬり、1日で赤みはとれました。

いつものJMECのプラスリストアの化粧下地で満足だったのに、、浮気はするもんじゃないと、反省しました。

 

かゆみや、ヒリヒリがなくても、落としたあとに、赤みや小さいブツブツがでるようなものは、自分には合っていないと

判断してよいでしょう。

 

参考として、

にきびの人は「ノンコメドジェニックテスト済」と表示のあるものを選びましょう。

何を使っても荒れやすいという方は、「無香料」「無着色」できれば「パラベンフリー」

アルコール綿などで赤くなりやすい方は、「エタノールフリー」

を選びましょう。

 

当院で、取り扱っている医療機関限定の基礎化粧品や、日焼け止め下地、ミネラルファンデーションもありますので、

おすすめですよ!

ぜひ、ご相談ください。

 

 

 

 

テーピング固定の有用性

カテゴリ: リハビリ 整形外科

投稿日時:2020年02月06日

こんにちは!

名古屋市天白区、名東区、日進市の境目にある、整形外科、リハビリ科、リウマチ科、皮膚科、美容皮膚科クリニック、梅森台レオ整形外科・ヒフ科の院長の大口怜央です。

本日はテーピング固定をご紹介いたします。最もポピュラーなのは足首の捻挫でしょうか。関節は靭帯をはじめとする軟部組織により骨同士が接続しているわけですが、靭帯を損傷すると関節が不安定になります。靭帯の緩みは関節の痛みの原因になったり、損傷を繰り返す原因となります。靭帯損傷を繰り返すとスポーツ競技にも支障をきたし、十分なパフォーマンスを発揮することが困難になります。

けがをしないのが一番ですが、プロのスポーツ選手ですらそんなことは不可能ですので、手足の関節を損傷した場合は早めにレントゲン、エコー検査で筋肉、骨、靭帯の正確な評価を行い、内服薬、外用薬の使用、テーピング固定、場合によっては副木固定や松葉杖歩行により適切に加療しなければなりません。当院ではスポーツのメディカルケア、テーピング固定、自宅でできるストレッチ運動、大幹・四肢トレーニングの指導まで、幅広く対応しております。

 

当院では土曜の午後も診療を行っております。土曜日に行われやすい部活動の練習やスポーツ競技、試合のケガにも迅速に対応できる環境を整えております。特に土曜日はスポーツの練習、もしくは試合中によるケガをした学生さんの来院が多い印象です。

スポーツのケガは早めの対応が肝心です。痛みを抑え、再発を予防し、より高いパフォーマンスを発揮できるようテーピング固定を有効に活用してみてはいかがでしょうか。

 

新年のご挨拶

カテゴリ: 皮膚科 整形外科

投稿日時:2020年01月02日

あけましておめでとうございます。梅森台レオ整形外科・ヒフ科院長の大口怜央です。

無事年が明けて2020年を迎えました。昨年は台風、大雨、洪水など災害の多い1年でした。今年は大きな災害なく、安心して過ごせる1年になってほしいものです。

1月、2月と寒い時期が続き体調も崩しやすいと思われます。インフルエンザも流行っているため、外出時には温かい服装、マスクの着用、外出後のうがい、手洗いなど健康管理にはくれぐれもお気をつけください。

当院はお知らせに記載通り4日から通常診療体制となっております。整形疾患、皮膚疾患はもちろん、リハビリから風邪、体調不良まで身体に関することはお気軽にご相談いただければと思います。これからも地域の皆様に信頼していただけるクリニックであれるよう、職員一同気持ちを新たにますます努力してまいります。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

皮膚科なのです

カテゴリ: 皮膚科

投稿日時:2019年12月13日

こんにちは!
名古屋市天白区、名東区、日進市の境目にある、整形外科、リハビリ科、リウマチ科、皮膚科、美容皮膚科クリニック、
梅森台レオ整形外科・ヒフ科 副院長の大口亮子です。

 

たまに、男性の患者さんに言われて悲しいことがあります。

「水虫とかも診てもらえるのかな?場違いなところに来ちゃったかな?と思って」

 

たぶん、待合室のガラス棚に化粧品が置いてあったり、美容皮膚科の案内が多かったりするからだと思うのですが、

場違いなどとは一度も思ったことはありません。

 

私は、そもそも「皮膚科専門医」であって、美容皮膚科が専門なわけではありません。

実をいうと、変な話ですが、もともと形成外科志望だったこともあり、今でもやけどや傷の治療が一番好きなのです。

もちろん、開業医なので、重症な患者さんは自分だけで診ることはできないので、大きい病院へ紹介することにはなってしまいますが、初期治療の大切さはよくわかっているつもりです。

水虫だって、皮膚を採取して顕微鏡で菌を発見したときには、症状の原因がはっきりしてよかったな~と心から思います。

 

なので、普通に、美容とは関係なく、男性も気軽にどんどん受診していただけたらありがたいです。

これからも、よろしくお願いいたしますね!

 

 

ページ先頭へ

インスタグラム お得な情報を写真つきで配信しておりますのでぜひご覧ください。