ドクターブログ

梅森台レオ整形外科・ヒフ科
ドクターブログです

アトピー性皮膚炎の治療あれこれ②<デュピクセントとJAK阻害内服薬>前編

カテゴリ: 皮膚科

投稿日時:2023年04月27日

こんにちは!

名古屋市天白区、名東区、日進市の境目にある、整形外科、リハビリ科、リウマチ科、皮膚科、美容皮膚科クリニック、
梅森台レオ整形外科・ヒフ科 副院長の大口亮子です。

 

本日は、「これまでの治療で効果が不十分なアトピー性皮膚炎」の治療薬である、

デュピクセント(抗IL4、IL13受容体モノクローナル抗体・注射剤)

リンヴォック(JAK1阻害内服薬)

オルミエント(JAK1/2阻害内服薬)

サイバインコ(JAK1阻害内服薬)

について、簡単にご紹介します。

 

まず、これらの治療薬を使うかどうかは、どちらかというと医師側から提案することが多いです。

ときどき他院かかりつけの患者さんが、上記治療を希望して当院へ来院されますが、

いったんは外用剤を変えてみたり、内服薬を変えてみたりして、湿疹がよくなって、結果的に使わずに済む人もいます

 

基本的に、「半年間」「強いステロイド外用剤」をしっかりと塗っていても改善しない人、というのが条件としてあります。

ほかには、灼熱感などでどうしても外用剤が使えない方も対象となります。

 

なので、いきなり当院へ来ていただいても当日に「じゃあやりましょう」とはなることは、ありません。

これまでの治療内容がわかるお薬手帳や紹介状などを持参してきていただくようお願いいたします。

そのうえで、条件があてはまり、症状がひどければ、当日から上記治療の話をすることもあります。

 

そして、すべての薬がかなり高額です💦

(※薬価改定により今後変動はありえます)

ひと月分のJAK阻害内服薬の薬代は、3割負担の方で、43000円前後くらいです。

デュピクセントは少し薬価が下がったので、1本が3割負担の方で18000円前後であります。

(月2本で36000円前後、月3本の場合は54000円前後)

 

医師からも薦められて、使ってみたいけども、金額面で不安・・・という場合は、

国の高額療養費制度の対象ともなっていますので、一度調べてみてください。

以下に厚生労働省の高額療養費制度についてのサイトをのせておきます。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/juuyou/kougakuiryou/index.html

 

当院では、JAK阻害内服薬をはじめるにあたって必須である、

①血液検査(結核を含む)

②胸部レントゲン検査

が院内で当日にできます!!

整形外科と一緒のクリニックなので(通常の皮膚科ではレントゲンはありません)胸部レントゲンが当日とれます。

すべての検査結果の説明は1週間後にさせていただいており、最短で結果説明をした日から投与開始できます。

 

私自身も、院内ですべての検査ができるので、

デュピクセントとJAK阻害内服薬の使い分けにもだいぶ慣れていると自負しております。

「デュピクセントは検査もいらず、効き目もよく、非常に良い注射剤だが、

JAK阻害内服薬のほうが、より効き目が速く、症状が落ち着いたら減量もでき、中止も1年以内に検討もできるので、JAK阻害内服薬を選択したほうがよいのではないか」

「JAKもよいけど、もともとヘルペスもできやすいし、にきびもあるし、デュピクセントのほうが副作用は少なく安全かもしれないですね。まずはデュピクセントからやってみましょうか」

などと、患者さんと相談しながら、症状に合わせて、治療計画を立てています

 

それ以外にも、薬剤の選択には、患者さんの通院できる頻度もかなり関係してきます。

JAK阻害薬は定期的に採血をして、血球減少などの副作用が起きていないか確認する必要があります。

当院にかかっている患者さまはきちんと検査をうけてくださっており、

いまのところ重篤な副作用で中止となった患者さまはいません。

ただ、アトピーの湿疹がよくなっても、ヘルペスやにきびがひどくなる人はいます。

それに対しても治療を行います。

 

めちゃくちゃ長くなってきました・・・目がバキバキになってきました・・

とりあえずここまでを<前編>としていったん終わりにさせていただきます。。

 

次回は、JAK阻害内服薬のそれぞれの特徴などもお知らせしたいと思います。

ここまで読んでいただき、ありがとうござました。

 

 

アトピー性皮膚炎の治療あれこれ①<外用剤>

カテゴリ: 皮膚科

投稿日時:2023年03月16日

こんにちは!

名古屋市天白区、名東区、日進市の境目にある、整形外科、リハビリ科、リウマチ科、皮膚科、美容皮膚科クリニック、
梅森台レオ整形外科・ヒフ科 副院長の大口亮子です。

 

最近では暖かい日も増え、さくら🌸もちらほらと芽がでてきましたね。

お花見しながら食べ歩き、なんてこともようやく今年はできるのでしょうか☺

 

さて、これまでもアトピー性皮膚炎の治療についてはブログで何度か書いてきましたが、

https://leo-clinic.jp/blog/701/

本日は、さらに進化しつづけるアトピー治療薬について、簡単に紹介します。

まずは外用剤について。

実際に使っている患者さんたちの経過なども含めてお話します。

 

まずは、以前ブログで紹介した「コレクチム軟膏」ですが

https://leo-clinic.jp/blog/581/

なんと、生後6か月のお子さんから使用が可能となりました。

これにより、どうしてもステロイド外用を使わないと肌が荒れてしまう赤ちゃんでも、

コレクチムを毎日1日2回しっかりと使うことでなんとか悪化せずに(ステロイド外用を使う量を減らせる)いけるようになりました。

そうは言っても、冬場の乾燥がひどい時期や汗などで悪くなる部位に対しては、ステロイド外用をやはり使います。

ですが、2歳未満の小さなお子さんでもステロイドに変わる治療外用剤があるということは、

「ずっとステロイドを塗り続けていいんだろうか」と不安を持つ親御さんたちにとって、とてもうれしいことです。

実際、切り替えてみるとうまくいくケースも多く、大人よりもむしろ乳児は適応としてよさそう、と感じています。

(大人は、人によってはヘルペスが出やすくなってしまったりします😢)

コレクチム軟膏は、生後6か月~2歳までのお子さんでは1日1本(5g)まで、

2歳以上であれば1日2本(10g)まで最大の使用量となっております。

 

そして、もうひとつ、「モイゼルト軟膏」(PDE4阻害薬)という外用剤もあります。

こちらは、コレクチム軟膏(JAK阻害薬)とは違った機序で、アトピー性皮膚炎の炎症をおこす物質を抑える外用剤です。

これもステロイド外用である程度落ち着いてきた場合、切り替えを提案することが多いです。

ステロイドをぬることに抵抗がある小さなお子さん(親御さん)では、

モイゼルト軟膏だけでもステロイドよりは時間がかかりますが)ゆっくりと改善してくるケースがあります。

日本で開発された外用剤であり、1.0%と0.3%製剤の2種類ありますが、

どちらも2歳以上のお子さんから使えて、1回に塗る本数の制限もとくにありません。

自分自身も軽いアトピーがあるのでモイゼルトを使用してみた印象では、

軟膏特有のべたつきや刺激が少なく、チューブも柔らかくて10gと大きいので、とても塗りやすいと感じました。

患者さんのなかには、プロトピック軟膏やコレクチム軟膏は刺激があって使えなかったけれど、

モイゼルト軟膏では刺激なく毎日使用できている方もいます。

 

コレクチムもモイゼルトも、即効性がないので、悪化させないために、毎日塗り続けることが大切です。

 

もちろん、だいぶ昔からある「プロトピック軟膏」(タクロリムス)の存在意義は大きいです。

新しい外用剤がどんどんでてきても、プロトピックが良い、と判断するケースがあります。

2歳以上のお子さんから使えます。

上記の2種と異なり、湿疹が落ち着いている場合には、週1-2回の外用でも効果があります

実際、そのような使い方で、長年苦しんでいた赤ら顔が改善し、落ち着いている方も多いです。

 

ステロイド以外の外用剤をどう使いわけているか・・・

そこは明確に学術的に決まっているわけではありません

これまでの治療経過や現在の皮疹の状況、

塗る頻度や副作用のリスクの有無など、いろいろな側面から選択します。

「ブログを読んで来院したのに新しい外用剤を薦めてくれなかったわ!」と思わないでくださいね💦

 

アトピー性皮膚炎の新しい外用剤について、簡単に紹介しました。

次回は、当院でも治療可能な

デュピクセント、ミチーガ、リンヴォック、オルミエント、サイバインコ

についてのブログを書くつもりです!!

 

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

多汗症の治療

カテゴリ: 皮膚科

投稿日時:2023年03月02日

こんにちは!

名古屋市天白区、名東区、日進市の境目にある、整形外科、リハビリ科、リウマチ科、皮膚科、美容皮膚科クリニック、
梅森台レオ整形外科・ヒフ科 副院長の大口亮子です。

 

寒かった冬も終わり、少しずつ暖かくなってきましたね🌸

 

暖かくなってくると、多汗症に悩まされるのが嫌だなあと、憂鬱になる方もいらっしゃると思います。

多汗症は、悩んでいる患者さんが多いのにも関わらず、病院への受診率は少ないと言われています。

少しでもこのブログを読んで、受診してみようかなと思う方がいれば幸いです。

以前のブログでも多汗症について書いているので、お時間あればぜひ読んでくださいね。

https://leo-clinic.jp/blog/758/

 

さて、原発性局所多汗症診療ガイドラインの2023年改訂版が示されました。

お悩みの場所ごとの治療について、当院の患者さまの実感を交えて少し補足をしていきたいと思います。

 

改訂版では、原発性腋窩多汗症(わき)については、

塩化アルミニウムローション※保険適応外です(当院では1本約500円/100ml)

抗コリン外用薬(エクロックゲル、ラピフォートワイプ)※保険適応の処方薬です

のそれぞれが推奨度B(行うよう勧められる)に位置づけられ、まず行ってみる外用治療としてすすめられます。

併用も可能です。

エクロックゲル、ラピフォートワイプいずれも、実際使用している患者さまのほとんどが効果の実感があると言われます。

しかし、それでもなお、改善が乏しい場合には、

ボトックス注射 ※保険適応

も推奨度Bであり、当院でも行うことが可能です。後日施術の時間予約をとって行います

 

掌蹠多汗症(てのひら、あしのうら)については、

イオントフォレーシス ※保険適応(当院内では行っておりません) 推奨度B

塩化アルミニウムローション ※保険適応外 推奨度C1(Bよりは劣る)

のいずれか、または併用で治療開始がすすめられます。

当院はイオントフォレーシスの機械を導入しておらず、塩化アルミを使用してもらうことが多いです。

こちらは、使っている患者さんは効果あり;効果乏しいが半々といったところです。

塩化アルミは効果の実感が得られるまで少なくとも1週間程度はかかるため、毎日継続することが必須です。

 

実は、家庭用のイオントフォレーシスの機械は、WEBサイトなどで患者様自身で購入が可能です。

イオントフォレーシスとは何?ですが、正確な機序ははっきりとわかっていません。

ですが、電流を手や足に通電させることによって、発汗量を低下させることがわかっています。

週1回程度やっていただくことをおすすめします。

 

🌟イオントフォレーシスの治療例(日本皮膚科学会雑誌ガイドラインより引用)

初回は5~10mAの電圧に設定し、治療時間は5~10分で開始します。

痛みの感じ方により、2回目からは電圧を上げていき、治療時間も延長していきます。

(最大20mA、15分程度まで)

電極には直接触れないようにし、シリコンゴムなどで保護された備え付けの装置を使用してください。

 

頭部・顔面の多汗症については、

塩化アルミニウムローション ※保険適応外 推奨度C1

単純塗布で寝る前に外用します。目回りや口唇周囲はさけてもらうようにお願いします。

実際には、塩化アルミニウムローションでかぶれることもあると患者さんに説明すると、

積極的に使いたいという患者さんはほとんどおらず、

抗コリン薬内服 ※保険適応で処方 推奨度C1

で治療開始することが多いです。

こちらは「薬を飲まないよりは汗は減った」とおっしゃる患者さんが多いですが、真夏は内服効果が追い付かない印象です

決まった範囲内であれば飲む量をご自身で調整ができるため、1年通して調整しながら続ける患者さんが多いです。

 

これからも、多汗症でお困りのみなさんから治療の効果など、いろいろなご意見を聞いてみたいです。

よろしくお願いいたします。

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

ボトックス治療をはじめます

カテゴリ: 美容皮膚科 皮膚科

投稿日時:2023年02月08日

こんにちは!

名古屋市天白区、名東区、日進市の境目にある、整形外科、リハビリ科、リウマチ科、皮膚科、美容皮膚科クリニック、
梅森台レオ整形外科・ヒフ科 副院長の大口亮子です。

 

ついに当院でもボトックス治療をはじめます👏👏

 

患者さんから「ボトックスはやらないのですか?」と聞かれるたびに、

「顔へ打つ注射は副作用が怖いので、いまのところやる予定はないんですよ」とお答えしていました。

 

ですが、いつかやれるように、1年前からボトックスビスタ®の施術医資格をとって、学会などで勉強を重ねてきました。

今年も施術医資格を更新しました。

 

それでも躊躇していた私が、

よし、やってやろう!!という気になった、一番のきっかけはですね・・・

非常に信頼している勤勉で真面目な友人(女医)が、ご主人の眉間にボトックスを打ったところ、

「眉間にしわ寄せたイラっとしている顔を見なくてすむから、すごくよかった!」と笑

それは素晴らしい!!それは、いま!すぐに!やらなくては!!!!!と思いたちました✊

自分自身も気が付くと、眉間にしわを寄せていることがあります💦

多くの人が、きっといろいろな場面で「ムっ」としたり「イラっ」としたり「モヤっ」としたりして、

眉間のしわが徐々に刻まれていっているのではないでしょうか。

深~くきざまれてしまう前に、ボトックス治療をして、多くの人が穏やかな表情になればいいなと強く思いました。

 

当院で使用する薬剤は、厚生労働省が唯一、眉間と目じりのしわ治療に適応の承認をしている、ボトックスビスタ®です。

承認薬のメリットは、ボツリヌス菌の精製方法や使用実績、臨床的な結果、薬剤の管理方法などの、安全性です。

 

 

 

 

 

 

 

そのほか、3月からは価格重視の方向けに、韓国製BTSA9を準備しています。

(韓国製を希望のかたは3月以降の施術予約をお取りください。)

 

重度の原発性腋窩多汗症に保険適応である、ボトックス®の施術資格も取得いたしました。

 

 

 

 

 

 

 

重度の症状の定義がありますので、こちらは保険診療でまずはご相談ください。

重度でない場合も、自費で多汗症のボトックス治療をすることは可能です。

これもやはり、別の友人の

「ボトックスやったら全然ワキの汗をかかなくなって本当にやって良かった」との実際の意見を聞いて

そんなに喜ばれる施術ならぜひやりたい!と決意した次第です。

 

さて、ここからは、ボトックス治療とはそもそも何か?ということを書かせていただきます。

ボツリヌストキシン(以下BTX)A型を使用した治療のことを言います。

※正確にはボトックス®やボトックスビスタ®はアメリカのアラガン社の登録商品名であり、両者の成分は全く同じです。

 

BTXは、

①グラム陰性桿菌であるクロストリジウム・ボツリヌムから産生される神経毒 であり、

神経と筋肉の接合部でのアセチルコリンの放出を阻害 して、

筋肉を麻痺させる

 

ものであります。

 

大事なことは、BTXの作用は、可逆的なものであり、永久的に続くものではない、ということです。

つまり、あらたに、神経筋接合部が形成されることにより、次第に作用は消えてしまうのです

これは、良い方向にとらえると、副作用が出たとしても時間がたつと元に戻るということです。

 

施術にあたっては、顔面の解剖学的知識が必要であることはもちろんのこと、

①まずはその人の顔のしわの深さのグレード(重症度)

②その原因となっている筋肉の太さや量

③BTXに対する感受性(効果のでやすさ)

によって、打つ量(単位)や打つ場所を調整する必要があります。

 

とくに③に関しては、施術前にはわからないことなので、

初めてBTXを打つ場合は、最小量から始めるのがより安全です。

 

BTXをこれまでにたくさん打っている患者さんの場合は、効きにくく感じる場合もあるかもしれません。

効果が明らかに足りないという場合は、1か月後の再診時に、追加で少量の単位を打たせていただきます。

 

最後に、「中和抗体」と「遅延型アレルギー反応」についてお話します。

「中和抗体」とは、BTXが効きにくくなってしまう抗体を言います。

産生される確率はかなり低いと言われていますが、

1回あたりの投与量が多かったり、高頻度で投与されていると、そのリスクが高くなります。

重度の原発性腋窩多汗症では1回に両ワキで合計100単位打つため、投与量が多いと言えます。

「遅延型アレルギー反応」は、繰り返し打っているうちに、注射内の成分に対してアレルギーをもってしまい、

投与後に、注射部位に紅斑が出たりする反応を言います。

 

以上のリスクを考えると、

一度にたくさんの量を打ちすぎない

頻回に打たない(適切な間隔で)

ということを当院では厳しく守っていきたいと思っています。

 

安全のため、以下にあてはまる方は、BTXが打てません。

65歳以上、妊娠中、妊活中(投与後避妊が必要)、授乳中、筋肉の病気がある方、

筋弛緩剤、抗生物質投与中、

アナフィラキシーの既往、注射製剤でアレルギーをおこしたことがある方、

喘息や慢性的な呼吸器疾患がある方、緑内障などで治療中の方

2週間以内にアスピリンや解熱剤を使用した方

 

2月16日(木)からボトックスビスタは施術開始となります。

ご希望の方は、診療時間内にお電話またはご来院時にご相談ください。

韓国製希望のかたは、3月以降のご予約をお願いいたします。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました💙

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

医療事務さん勉強会

投稿日時:2022年10月31日

こんにちは!

名古屋市天白区、名東区、日進市の境目にある整形外科、リハビリ科、リウマチ科、皮膚科、美容皮膚科クリニック、梅森台レオ整形外科・ヒフ科の院長の大口怜央です。

先日当院にて医療事務さんの勉強会が開催されました。

医療事務さんは患者さんの受付業務、診療報酬を請求するためのレセプト業務、クリニックの会計から電話対応までクリニックの要となるお仕事をしていただいております。特に当院の特色として整形外科と皮膚科の二つの科があり、単純に考えれば通常の単科のクリニックよりも業務量は2倍となるわけで、おまけに美容もやっているので業務の複雑さは他のクリニックとは比較になりません。

しかしそれでも当院の医療事務さんは文句ひとつ言わず必死に勉強してついてきてくれています。本当に感謝しかありません。いつもありがとうございます!

 

さて今回は受付での患者さんとの細かい対応の仕方についてプロの講師をお招きして講義していただきました。クリニックに来院される患者さんは体の具合が悪かったり心にストレスを抱えて来院されます。必然的に飲食店などの接客業とは異なる医療機関としての独自の対応が求められます。講師の方には受付業務の心構えから声のトーンや言葉遣いなどの細かい点、さらにはケースに沿った実践的なアドバイス、ディスカッションもしていただきました。

 

自分のモットーは「患者さんの心に寄り添った医療」です当院の職員さんにもこのモットーに従って業務を行っていただいております。自分を含めて職員一人一人が高い志をもって日々研鑽を積み、さらに患者さんに満足していただけるクリニックを目指して今後

も頑張ってまいります。

これからも梅森台レオ整形外科・ヒフ科をよろしくお願いいたします。

DSC_2094

 

 

ページ先頭へ

インスタグラム お得な情報を写真つきで配信しておりますのでぜひご覧ください。